オトコの夜活〜イキ方ヌキ方〜/エッチの誘い方

オトコのイキ方ヌキ方に関する「エッチの誘い方」ページです。

オトコの夜活TOP

オトコの夜活〜夜の遊び方&ルール〜 サイトマップ

雰囲気づくり

すでに付き合っていて、SEXをするにも抵抗のなくなったカップルでもエッチを誘うときは少し緊張することもあります。その女性とはじめてエッチをするような状況なら尚更誘い方には力が入るでしょう。

エッチに誘うときはやっぱり雰囲気が大事。相手にもよりますが、知り合って間もないのに突然「セックスしたいです」なんて言っても2つ返事で「はい喜んで!」となる女性はそういないでしょう。それまであなたに好意を持っていたとしても一瞬で嫌われてしまいかねません。

とにもかくにも誘うときはタイミングと雰囲気が大事です。ロケーションや時間帯に注意して、さりげなく大人な雰囲気づくりを。

断られる覚悟を持つ

そもそも付き合っていない女性をエッチに誘うのは難しいものなので、断られる覚悟はあらかじめ持っておきましょう。絶対ヤリたい!と必死すぎると女性もその空気を察知し逃げてしまいます。

さりげなく言葉で

エッチに誘うためには徐々に段階を踏んだ言葉の誘導がポイント。「今日は天気がいいねー。エッチしようか」なんて唐突なのは女性も「はっ!?」となります。シャレが通じる女性なら効くかも知れませんが一部でしょう。

少しずつ「今日はいつもと雰囲気違うけどいい感じだね」「なんかドキドキするな〜」のように、性をイメージさせるような、男女関係を匂わすような言葉を少しずつ会話の中に入れて、女性からも何らかのキーワードを引き出せるようになると順調。露骨すぎる下ネタはNGです。

少しずつタッチ

一度体を交えたことのある男女の距離がその後グンと縮まるように、体に触れたという事実は結構影響力があります。もちろんいきなり胸を触るとかキスをするといった行為は下手すると警察沙汰にもなりかねないので、手や髪といった、何かと理由を付ければ触れることのできそうな部分から。

ただ、触れるという行為に至るかどうかはそれまでの流れや雰囲気次第なので慎重に。タイミングを間違えると一気に変態の烙印を押されかねません。

誘い文句には女性の逃げ道を用意

ここまで来ると女性も少なからず意識してきます。本心ではすでに「エッチしてもいいかも」「早く誘ってくれないかな…」と思っているかも。

でも油断して単刀直入に「ホテル行こうか」と言うと、それまで築き上げてきた下準備がパァに。なぜなら女性はたとえ自分もエッチに興味があったとしても、自分から誘うもしくはあからさまな誘いには乗りたくないからです。そんな軽い女と思われたくないという思考が働きます。

なので男性の方もここが最後の踏ん張りどき。女性があとでいくらでも言い訳できるような状況を用意してあげましょう。ホテルへ入るのも「エッチしよう」と言われたからじゃなく、「ちょっと疲れたから休憩しようよ」だったというだけで変わるものです。エッチすると分かっていてついてきた、という事実を作ってあげないのがポイント。

▲TOP